ベッドガードとマットレスに挟まれ乳児死亡、業者を提訴

有料会員記事

新屋絵理
[PR]

 生後9カ月の乳児がベッドガードとマットレスの間に挟まって亡くなったのはベッドガードの欠陥が原因だとして、乳児の両親が12日、製造物責任法に基づき製造販売会社に約9300万円の賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。両親は「安全性について利用者も業者も考えるきっかけにしたい」と訴えている。

 訴状によると、乳児は2017年8月、東京都内の自宅の寝室で、転落防止用のベッドガードをつけた大人用ベッドで眠っていた。母親は午後4時ごろ異常がないことを確認。約2時間半後に再び様子を見にいくと、乳児の首から下がベッドガードとマットレスの間に挟まり呼吸がなかった。

 両親は、身体が挟み込まれる隙間が容易に生じる構造などが欠陥として、「事故を誘発しやすく安全性を欠いている」と指摘。説明書には「生後18カ月から5歳ぐらいまでのお子様に使用して」「乳幼児用として使用しないで」とあるが、具体的な危険性がわからないうえ、ベッドガード本体には記載がないことから「表示が不十分」と主張している。

 製造販売会社は「訴状が届いていないのでコメントできない」とした。(新屋絵理)

父「親の責任と批判されるのも覚悟。でも…」

 「息子を死なせたのは親の責…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら