辞任の森氏に「感謝」 IOCバッハ会長、コーツ副会長

有料会員記事

ロンドン=遠田寛生
[PR]

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)が、自身の女性蔑視発言の責任をとって辞任を表明したのを受け、国際オリンピック委員会(IOC)は12日、トーマス・バッハ会長らの声明を発表した。大会準備をともに進めてきた森会長への賛辞が並んだ。

 バッハ会長は「森会長の辞任する理由と決断を完全に尊重する」と説明。その上で「延期された東京大会のために素晴らしい貢献をしてくれたことに感謝したい。森会長は、東京大会を最も準備が整った大会にするのに力を貸してくれた。IOCは彼の後継者と手を取り合って、東京大会を安全で安心な五輪にするため取り組んでいく」とコメントした。

 東京大会の準備状況を監督する責任者を務めているジョン・コーツIOC副会長も「一緒に仕事をしてきたこの8年間、森会長は力強く有効なリーダーで、コロナ禍で解決策をみつけるのがとても難しい状況でもいつも信頼できる存在だった。彼の支援と献身的な姿勢に感謝を述べたい」とした。

 国際パラリンピック委員会(…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら