ファイザーワクチン承認へ 早ければ17日から接種開始

有料会員記事新型コロナウイルス

土肥修一、富田洸平
[PR]

 米製薬大手ファイザーとドイツのバイオ企業ビオンテックが開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、厚生労働省の専門部会は12日、製造販売の承認を了承した。早ければ14日に正式に承認され、17日にも医療従事者への先行的な接種が始まる見通し。新型コロナのワクチンが承認されるのは国内では初めて。

 厚労省はファイザーから年内に約1億4400万回分(約7200万人分)の供給を受ける契約を結んでいる。ワクチンの第1便は12日午前、ベルギー・ブリュッセルから、約36万5千回分が成田空港に到着した。

 同社は昨年12月、海外で4万人あまりに実施した臨床試験(治験)の結果をもとに製造販売について、審査を簡略化できる特例承認の適用を求めて申請した。1月29日には日本人160人を対象にした国内での治験データを追加で提出。医薬品医療機器総合機構(PMDA)が審査していた。

 海外での治験では、発症率を95%減らす効果が確認された。国内の治験結果でも海外と同様に免疫がつき、副反応については痛みや頭痛、関節痛などはあったが海外との差はなく、重篤なものはなかったという。対象は、米国やEUなどと同じ16歳以上となる。筋肉内への接種となり、1回目から3週間を空けて2回目を接種する。

高齢者の接種は早くても...

 妊婦については、医師が有益…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]