大物・レッサーパンダがレンタル移籍 決め手は「繁殖」

有料会員記事

臼井昭仁
[PR]

 人気動物のレッサーパンダがいないことは、東山動植物園名古屋市千種区)の不思議のひとつに数えられてきた。昨年12月、一気に3頭がやってきて、39年ぶりに公開される。「ビッグネーム」来園の決め手になったのは、繁殖を目的に無料で動物を貸し借りできるブリーディングローン(BL)制度だ。

 東山にやってきたレッサーパンダは雌の「まるこ」、雄の「令」「ずん」。いずれも1~2歳と若い個体だ。それぞれ静岡市日本平動物園富山市ファミリーパーク多摩動物公園(東京)で生まれた。

 東山へレッサーパンダがやって来るのは1973年10月以来。飼育していた個体が82年4月に死んでからは、東山にレッサーパンダはいなくなっていた。高齢化で人気動物が相次いで死んでいる東山=表①=にとって、久しぶりの「ビッグネーム」加入になる。

 新設したレッサーパンダのゾーンは広さ1544平方メートル。その中に136平方メートルの屋内展示場と寝室、250平方メートルの屋外運動場もある。総事業費は計2億7千万円。うち1億7千万円は市内の女性(故人)からの寄付を活用している。

 1月29日に式典を開いて3頭の一般公開を始める予定だった。しかし新型コロナウイルスの影響で中止。式典をせず、3月中に一般公開を始める予定だ。飼育担当者は「3頭とも環境になじむ訓練をしており、順応している。いずれは繁殖を目指したい」と話している。

ホッキョクグマ1億3千万円 背景に輸入禁止や価格高騰

 絶滅危惧種に指定されている…

この記事は有料会員記事です。残り1278文字有料会員になると続きをお読みいただけます。