ついにふとんをはいだ男子 引きこもり解決したスポーツ

有料会員記事

編集委員・中小路徹
[PR]

 「5秒待ってくれ!」

 「よっしゃー!」

 5人1組の対戦型ゲームに、そばにいる仲間と連携して励むのは、東京都の中学男子(15)だ。

 1年3カ月前までは、食事とトイレ、入浴以外を自室のベッドの上で過ごす日々だった。浸りきっていたのはゲームだ。

 そして、引きこもりから立ち直れたきっかけもゲームだった。

 ここは東京都千代田区の「eXeField Akiba(エグゼフィールド アキバ)」。NTTが昨年、オンラインで競うeスポーツ文化の定着をめざして開業し、最先端の情報通信機材を備える場所だ。

 この施設を、不登校引きこもりの解決を目指すNPO法人「高卒支援会」が週2度借りて、大会出場やプロを志す子どもがeスポーツに打ち込めるようにしている。

 2017年4月から今年1月まで、同会に電話やメールで寄せられた引きこもりの相談は83件あった。自宅訪問に至った36件のうち32件で解決に至った。

 理事長の竹村聡志さん(32)は「スタッフが本人と仲良くなる方法としてゲームはかなり有効。成功例のほぼすべてがゲームを使っています」と言う。会が運営する学習教室に通い、規則正しく生活するために、eスポーツは格好の手段となるのだという。

 冒頭の男子は私立中に進んだが、勉強漬けに嫌気が差し、引きこもった。

 高校生インターンのスタッフ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら