自動運転とバーチャル技術で未来の車 トヨタ系が実験

有料会員記事

三浦惇平
【動画】「自動運転×バーチャル」未来のクルマの実証実験=三浦惇平撮影
[PR]

 トヨタ系自動車部品メーカーのトヨタ紡織の開発する、自動運転とバーチャル映像技術を掛け合わせたコンセプト車両の実証実験が12日、愛知県長久手市の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で始まった。テーマパークなどでの移動手段としての利用を想定し、乗客は移動時もゲームや音楽を楽しむことができる。

 コンセプト車両「MOOX(ムークス)」は、自動運転に対応した、将来の車内インテリアの研究を進めるために開発された。車内には、車窓の代わりに、外の景色と、バーチャル映像を合わせて見られるディスプレーを設置。映像に合わせ、香りを出したり、シートを振動させたりする機能もある。乗客の動作はセンサーで読み取り、映像と連動させられるようにした。プロジェクションマッピングを演出するための、プロジェクターも搭載する。

 実証実験では、乗客2人と緊…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら