アパート管理会社員が放火容疑「住人が出てくれるかと」

[PR]

 アパート管理会社の社員が自ら管理するアパートに放火したとして、愛知県警豊田署は12日、同県高浜市論地町3丁目、加藤誠容疑者(46)を現住建造物等放火の疑いで緊急逮捕し、発表した。

 署によると加藤容疑者は12日午前2時5分ごろ、同県豊田市の木造2階建てアパートの1階の空き部屋に侵入し、カセットボンベに火を付けて爆発させ、部屋の床や壁を焼いた疑いがある。加藤容疑者は「アパートが火事になれば立ち退きに応じてくれない住人が出ていってくれるのではないかと考えた」と容疑を認めているという。

 豊田市などによると、現場のアパートは市が進める区画整理事業区域内にある。アパートは8部屋あるが、1部屋だけ住人がいたという。火は約30分で鎮火し、けが人はなかった。