[PR]

 東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)=元首相=の辞任を受け、森会長が後任を要請した元日本サッカー協会会長の川淵三郎氏(84)が辞退の意向を示した。事態は混迷を深めるが、菅義偉首相は12日夜に「川淵さんと話していません」などと記者団に語り、人選に直接関わらない立ち位置をとり続ける。後任人事をめぐる混迷が深まるなか、与党内では「ポスト森」に橋本聖子五輪相を推す声が上がる。

 「大混乱になるなぁ」。首相に近い自民党幹部は12日午後、川淵氏が会長辞退との報道に触れるとうめいた。自民中堅は「内閣支持率にも影響するだろう。バタバタ感が尋常じゃない」と話した。

 国会の衆院予算委員会では、野党が森会長の後任選びをめぐって「密室で、引責辞任する張本人が後継指名する。国民の五輪への理解は得られるか」などと政府の見解をただした。ただ、橋本五輪相は「(森会長と川淵氏の間で)どのようなことが行われたかは一切、承知していません」と述べるのみだった。加藤勝信官房長官も記者会見で「大会組織委員会が独自に判断されるべきものというのが一貫した立場だ」などと繰り返した。

稲田氏も「透明性があるとは...」

 首相は記者団に「国民から信頼され、歓迎されるようなそうした組織、(会長の)決め方が大事」と森会長に伝えたことは明かした。首相は組織委の顧問会議の議長を務めており、顧問会議は組織委の運営に「助言できる」と定款に定められている。こうした立場を踏まえ、首相は「透明にルールに基づいてという決め方については申し上げるべきだ」と語ったものの、人選への関与については説明を避けた。

 収まらない混乱に与党内にも不…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら