神妙な顔の森会長、発言せず 「後任指名は論外」の声も

有料会員記事

[PR]

 東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)から後任として就任を求められ、前向きだった川淵三郎氏(84)が12日、一転して要請を辞退した。

 森会長が辞任を表明した後、非公開で行われた理事、評議員が集う懇談会は約2時間半におよんだ。

 「五輪憲章に反する」「森会長の真意がねじ曲がって伝えられた」

 出席者によると、森会長による女性蔑視発言についてはさまざまな意見が出たが、厳しい意見が多かったという。この場までは森会長も同席し、神妙な顔で議論を聞いていたが、発言はしなかったという。

 本来であれば、女性蔑視発言…

この記事は有料会員記事です。残り479文字有料会員になると続きをお読みいただけます。