[PR]

 【静岡】東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が辞任を表明した12日、川勝平太知事は、取材に応じ、「大会を成功に導くことが恩義に対する恩返し」と感謝の気持ちを表した。

 五輪に関する県の会合の終了後、報道陣に「自転車競技、ラグビーワールドカップでは何度も足を運んでくださった。どのように感謝を申し上げて良いかわからない」と述べた。

 9日の定例記者会見では森氏について、「女性蔑視をする人ではない」と擁護。「発言はきわめて不適切だった」としながらも、「撤回、謝罪もした」とかばう姿勢に疑問の声も出ていた。

 森氏と20年来の付き合いがあるという川勝知事。「ちょっとしたユーモアのつもりで言葉が過ぎるのが欠点だ」と分析していたが、この日、森氏辞任の感想を問われると「お決めになっていたことだろう」と多くを語らなかった。(宮川純一)

関連ニュース