「一緒に死のうと」娘を誘拐容疑、父親を逮捕 娘は死亡

[PR]

 奈良県警は13日、自分の娘を誘拐したなどとして同県宇陀市大宇陀大東の調理師、徳谷和彦容疑者(36)を生命身体加害誘拐の疑いで逮捕したと発表した。県警によると、徳谷容疑者は「一緒に死ぬことを決意し、長女を誘拐した。2人で湖に入ったが、溺れそうになったので自分だけあがってきた」と供述しているという。娘は死亡が確認された。

 県警によると、徳谷容疑者は12日午後2時50分ごろ、同県明日香村の学校の教員に「おばあちゃんたちに会いに連れて行ってあげたいから迎えに来た」とうそを言い、娘の奈那子さん(10)を軽自動車に乗せて誘拐した疑いがある。奈那子さんは13日午前6時50分ごろ、同県川上村のおおたき龍神湖で心肺停止の状態で発見された。

 奈那子さんは知的障害があり、自力で歩くことができず、車いすを使っていた。奈那子さんに外傷はなかったという。