【詳報】首相「自己責任」の子育て論 直後に長男の疑義

[PR]

 菅義偉首相が15日午前9時から衆院予算委員会の集中審議に出席し、論戦に臨みました。女性蔑視発言をした東京五輪パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長の辞任や、総務省幹部が首相の長男らから接待を受けていた問題などをめぐり、野党の追及にどう説明したのか。タイムラインで詳報し、記者が解説します。

08:35

菅首相の長男招致、与党側は拒否

 衆院予算委員会に先立ち、同委理事会が始まった。菅義偉首相の長男らが総務省幹部を接待していた問題をめぐり、立憲民主党が首相の長男の参考人招致を要求した。しかし、与党側は拒否した。

 野党側は総務省の接待問題に加え、吉川貴盛・元農水相が鶏卵生産・販売大手「アキタフーズ」の前代表から賄賂を受け取ったとして在宅起訴された事件の関連でも、参考人招致を求めた。この要求も与党側は拒否した。

写真・図版
衆院予算委で自民党の村井英樹氏の質問に答弁する菅義偉首相=2021年2月15日午前9時3分、恵原弘太郎撮影

08:55

総務省幹部、政府参考人に

 衆院予算委員会が第一委員室で始まった。

 委員会冒頭、菅義偉首相の長男らから接待を受けていた問題で、総務省幹部が政府参考人として出席することが決まった。同省の秋本芳徳・情報流通行政局長と、湯本博信・同局官房審議官が出席する。

09:00

福島県沖地震、負傷者数は

 13日深夜に発生した福島県沖を震源とする最大震度6強を観測した地震について、菅義偉首相は「本日5時30分時点で重傷12名、軽傷141名と報告を受けている」と説明した。東北新幹線の一部区間の運転見合わせについては、早期復旧を目指す方針を示した。

 自民党の村井英樹氏への答弁。首相は「人命第一の方針をもとに自衛隊を現地に派遣するなど初動対処に全力であたってきた」とし、「国民に的確な情報、災害復旧対策に万全を期してまいりたい」と述べた。「被災された方々が一日も早く元の生活に戻ることができるよう必要な支援も行っていく」との方針も示した。

写真・図版
衆院予算委で質問する自民党の村井英樹氏=2021年2月15日午前9時1分、恵原弘太郎撮影

09:20

ワクチン接種「17日には」

 厚生労働省が14日に製造販売を特例承認した米製薬大手ファイザーとドイツのバイオ企業ビオンテックが開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、菅義偉首相は「17日には医療関係者への接種を開始したい」と述べた。

 首相はワクチン接種について…

この記事は有料会員記事です。残り9812文字有料会員になると続きをお読みいただけます。