中部学院大など7団体が全国へ 東海アンサンブルコン

[PR]

 第47回東海アンサンブルコンテスト(東海吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)が13日、静岡市の清水文化会館マリナートで開かれた。大学、中学校、職場一般、高校の4部門に、長野、岐阜、静岡、愛知、三重の5県から計49団体が参加。新型コロナウイルス対策のため、小学生の部はなく、無観客で事前提出の音源のみの審査となった。

 金賞受賞団体から、中部学院大(サクソフォン四重奏)、浜松日体中(管打楽器八重奏)、浜松市立開成中(打楽器五重奏)、岐阜ブラスオルケスター(サクソフォン四重奏)、楽楽嬉音楽隊・岐阜(金管八重奏)、浜松聖星高(金管八重奏)、光ケ丘女子高(フルート四重奏)が3月20日に宮崎市である全国大会の代表に選ばれた。また、各部門の最優秀団体に朝日新聞社賞を贈った。

 13日の結果は次の通り(◎は全国大会出場。金=金管、木=木管、管=管楽、打=打楽器、サ=サクソフォン、ク=クラリネット、フ=フルート、ト=トランペット。数字は重奏の数)

 【大学】

 ◆金賞

 ◎中部学院(サ四、岐阜)=朝日新聞社賞

 【中学校】

 ◆金賞

 ◎浜松日体(管打八)、浜松西高中等部(金八)、長野市立東北(ク五)、長野市立柳町(サ四)、鈴鹿市立千代崎(金八、三重)、◎浜松市立開成(打五)=朝日新聞社賞、小諸市立小諸東(打五、長野)

 ◆銀賞

 豊橋市立吉田方(打三、愛知)、川越町立川越(金八、三重)、名古屋市立植田(打六)、静岡市立清水袖師(打三)、浜松市立南陽(ク五)、大垣市立西部(木八、岐阜)、長野市立東部(サ四)、碧南市立南(フ四、愛知)、飛騨市立神岡(打七、岐阜)、春日井市立西部(木八、愛知)、四日市市立南(管打八、三重)

 ◆銅賞

 帝京大可児(フ三、岐阜)、四日市市立内部(木八、三重)、各務原市立鵜沼(金四、岐阜)

 【職場一般】

 ◆金賞

 ◎岐阜ブラスオルケスター(サ四)=朝日新聞社賞、◎楽楽嬉音楽隊・岐阜(金八、岐阜)

 ◆銀賞

 Ensemble Kit’s(金八、岐阜)、Mieサックスアンサンブル(サ四、三重)、白子ウインドシンフォニカ(サ三、三重)

 ◆銅賞

 四日市吹奏楽(金五、三重)

 【高校】

 ◆金賞

 浜松湖南(ク三)、松商学園(ク七、長野)、安城学園(打八、愛知)、◎浜松聖星(金八)、小諸(ト五、長野)、皇学館(木五、三重)、◎光ケ丘女子(フ四、愛知)=朝日新聞社賞、愛工大名電(木八、愛知)

 ◆銀賞

 磐田北(サ四、静岡)、高山西(フ四、岐阜)、神戸(サ四、三重)、木曽川(フ三、愛知)、飯田(ク六、長野)、浜名(ク八、静岡)、岐阜(金八)、長野東(サ四)

 ◆銅賞

 白子(金六、三重)、大垣商(金八、岐阜)、松阪(木八、三重)、焼津中央(打七、静岡)、各務原(サ四、岐阜)