コロナ療養施設にベイスターズ特製弁当 味覚障害も対応

有料会員記事新型コロナウイルス

岩本修弥
[PR]

 神奈川県が設けた新型コロナウイルス感染症の軽症者らの宿泊療養施設で、横浜DeNAベイスターズが特製弁当の提供を始めた。横浜スタジアム横浜市中区)で人気の球場飯を詰め込み、味覚障害がある人でも食事を楽しめるよう、食感にアクセントを加えた。

 特製弁当は、県の宿泊療養施設の一つ「アパホテル横浜関内」(同)で提供されている。初回の9日には、球場で人気のチップスやクラムチャウダー、ジャークチキンなど6種類を盛り込んだ特製弁当と、ハンバーガーセットの2種類50食を用意した。

 アパホテル横浜関内では昨年11月から、関内まちづくり振興会に加盟する地元の飲食店が、毎週火曜日と金曜日の夕食に弁当を届けている。ベイスターズの特製弁当も不定期で提供される予定だ。

 ベイスターズ提供の弁当には…

この記事は有料会員記事です。残り164文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]