「15秒の掟」守れる?VRゲームで「一蘭」の従業員に

[PR]

 ラーメンチェーン「一蘭」が初監修したVR(仮想現実)ゲームが誕生した。「カウンターファイト 一蘭」で、VR用のヘッドセットを使って遊ぶ。

 プレーヤーは従業員を体験。麺のおいしさのため決められた時間内に提供する「15秒の掟(おきて)」や、盛りつけの美しさなど一蘭らしいポイントで得点を競う。

 広報によると、普段は公開しない厨房(ちゅうぼう)もかなり忠実に再現。外国のファンの注目も集め、海外メディアの問い合わせもあるという。1480円。