トランプ前大統領に無罪 議事堂襲撃めぐる弾劾裁判

ワシントン=園田耕司
[PR]

 米連邦議会議事堂の襲撃事件をめぐるトランプ前大統領の弾劾(だんがい)裁判で、陪審員を務める上院議員による評決が13日(日本時間14日)あり、トランプ氏は無罪となった。有罪となるためには、定数100の上院で出席議員の3分の2以上が賛同する必要があったが、50人いる共和党議員の多くは「無罪」と判断した。

 評決の結果、有罪は57人、無罪は43人だった。共和党からも7人が有罪と判断した。しかし、有罪に必要な67人以上には届かなかった。

 襲撃事件は、大統領選の結果を確定させる上下両院の合同会議が開かれていた1月6日に起きた。選挙で敗北を認めていなかったトランプ氏は、ツイッターなどを使って支持者にワシントンへ集まるよう求め、当日は集会で「死にものぐるいで戦え」と訴え、議事堂に向けて行進するように呼びかけた。その後、多数の支持者が議事堂に侵入し、警察官1人を含む5人が亡くなった。民主党が過半数を占める下院は1月13日、「反乱の扇動」でトランプ氏を弾劾訴追し、共和党からも10人の議員が賛同した。

 2月9日に始まった弾劾裁判の審理でも、弾劾管理人(検察役)の民主党下院議員は、議事堂内の監視カメラ映像や、連邦捜査局(FBI)の宣誓供述書などをもとに、暴徒たちがトランプ氏の言葉を受けて議事堂内に侵入した、などと主張。トランプ氏を有罪とし、将来にわたって米国の公職に就けないようにすべきだと求めた。

 一方、トランプ氏の弁護人は、弾劾裁判の目的は現職大統領らの罷免(ひめん)であり、すでに退任しているトランプ氏を裁くのは「違憲」などと主張した。さらに、トランプ氏の演説での言葉も政治的発言に過ぎず、「襲撃事件を扇動する意思はなかった」として、無罪を求めた。

 事件後にはトランプ氏の責任を問う声が共和党内からも出た。しかし、トランプ氏共和党支持者の間で強い人気を保っていることもあり、多くの共和党議員はトランプ氏との対立を避けたい状況にある。弾劾裁判の初日には、共和党議員の44人が、「弾劾裁判は違憲」という弁護側の主張に賛同した。

 トランプ氏は2019年、政治ライバルのバイデン前米副大統領(当時)の「スキャンダル」を調べるよう、ウクライナ大統領に圧力をかけたという疑惑をめぐっても弾劾訴追されたが、この時も無罪となった。過去に弾劾訴追された米大統領は第17代のジョンソン氏、第42代のクリントン氏で、やはり弾劾裁判で無罪となった。(ワシントン=園田耕司)