東北新幹線の那須塩原―盛岡間など 運転見合わせ

福島・宮城で震度6強

[PR]

 13日深夜に起きた福島県沖を震源とする地震の影響で、JR東日本は14日、東北新幹線那須塩原―盛岡間と秋田新幹線東京―秋田間、山形新幹線東京―新庄間の上下線で、終日運転を見合わせると発表した。設備点検や被害状況の確認のためとしている。

 東北新幹線の区間で電柱が傾くなどの被害が確認された影響で、東北新幹線那須塩原―盛岡間は15日も終日運転を見合わせる。

 14、15の両日、東北新幹線東京―那須塩原間は1時間1本程度に列車本数を減らし、東北・北海道新幹線の盛岡―新函館北斗間も一部列車を運休する。

 13日に一時運転を見合わせた上越、北陸、東海道の各新幹線は平常通りに運転している。

 在来線も14日午前の時点で、岩手、宮城、福島の3県などで東北線や常磐線などの多くが運休している。