宮城と福島、15日は荒天予報 なだれ・土砂災害に注意

[PR]

 13日夜に最大震度6強を観測した宮城県福島県では14日、高気圧に覆われて各地で春の陽気となった。気象庁宮城県西部や福島県中通り、会津で15日までなだれへの注意を呼びかけている。

 両県では15日、日本海と太平洋側でそれぞれ低気圧が通過する影響で、雨が降る見込みとなっている。宮城県東部や福島県中通り、浜通りでは1時間30ミリ以上の激しい雨が降る可能性もある。揺れの強かった地域では降雨の影響も加わって地盤がさらに弱まり、土砂災害の危険性が高まっている恐れがある。気象庁は危険な場所に立ち入らないよう呼びかけている。

 低気圧の通過後は冬型の気圧配置となり、東北を含む広い範囲で真冬の寒さが戻るとみられる。寒暖差にも注意が必要となりそうだ。また、16~18日ごろには別の低気圧が発達して冬型の気圧配置が強まるため、東北の日本海側や北陸などでは大雪になる可能性もある。