[PR]

 米連邦議会議事堂の襲撃事件をめぐる弾劾(だんがい)裁判で、上院が13日にトランプ前大統領を無罪としたことを受けて、トランプ氏は「史上最大の魔女狩りの一部だった」と、弾劾裁判そのものを批判する声明を発表した。「このような経験をした大統領はいない。我々の相手が、(大統領選で)我々に投票した7500万人近い人たちを忘れられないから続く」と、大統領選に関する民主党側の報復だとした。

 トランプ氏は声明で、「『米国を再び偉大に』という歴史的運動はまだ始まったばかりだ」と主張。「この先の数カ月で共有したいことはたくさんあり、この旅を一緒に続けることを楽しみにしている」と、政治活動を活発化させていくことを示唆した。

 一方、評決を受けてバイデン大統領も声明を発表した。100人の上院議員のうち、共和党の7人を含む57人が有罪を支持したと指摘し、「最終的な評決は有罪に至らなかったが、訴追の本質については議論の余地がない」とした。また、「この悲しい歴史の章は、民主主義が壊れやすいということを我々に喚起した」と述べ、「米国人として、特に指導者として、真実を守り、うそを破るという責任と義務がある」と訴えた。

 トランプ氏は、1月6日の議事堂襲撃事件を扇動したとして、下院から「反乱の扇動」で弾劾訴追された。有罪となるためには、上院の出席議員の3分の2以上にあたる67人が賛同する必要があった。(ワシントン=園田耕司)