[PR]

 厚生労働省が国内で初めて承認した新型コロナウイルスのワクチンについて、米ファイザーは14日、日本向けワクチンはドイツとベルギーで生産すると明らかにした。欧州連合(EU)は1月末、域内へのワクチン供給遅れの危機感から、3月末までの時限措置として輸出に許可制を導入しており、安定供給には懸念が残る。

 ファイザーによると、日本向けのワクチンは米ファイザーのベルギー・プールスにある拠点と、ワクチンを共同開発したドイツのバイオ企業ビオンテックの同国内の拠点で生産するという。ともにEU域内だ。日本政府はEUに対し、日本への供給に支障が生じないよう申し入れている。

 政府はファイザーと年内に約1億4400万回分(約7200万人分)の供給を受ける契約を結んだ。12日には、ベルギーから第1便の約36万5千回分が到着。17日にも医療従事者への先行接種が始まる見込みだ。(江口英佑)