磐城高など7団体が全国大会へ 東北アンサンブルコン

有料会員記事

[PR]

 第48回全日本アンサンブルコンテスト東北大会(東北吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)が14日、青森県八戸市公会堂であった。新型コロナウイルス感染防止のため無観客のなか、五つの部門に計40団体(1団体が辞退)が出場。13日深夜に福島県沖で起きた地震で交通機関に乱れが出たため、演奏順を一部入れ替えるなどの対応をした。

 審査の結果、秋田市立勝平中(打楽器三重奏)、仙台市立上杉山中(フルート三重奏)、福島県の磐城高(フルート七重奏)、宮城県の聖ウルスラ学院英智高(サクソフォン六重奏)、山形大(サクソフォン四重奏)、宮城県のGraceサクソフォンカルテット(サクソフォン四重奏)、岩手県のパシフィック・ブラス・オルケスタ(クラリネット三重奏)の7団体が、3月20日に宮崎市で開かれる全国大会の代表に選ばれた。

 結果は次の通り(◎は全国大会出場。小学校は全国大会なし。金=金管、木=木管、管=管楽、打=打楽器、サ=サクソフォン、ク=クラリネット、フ=フルート。数字は重奏の数)。

 【小学校】…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら