ミャンマーのデモ 立てた3本指、それぞれに込めた思い

有料会員記事

半田尚子
[PR]

 人さし指と中指、薬指を立て、群衆が腕を突き上げる――。クーデターを起こして実権を握った国軍に抗議するため、デモを続けるミャンマーの市民が取るこのポーズ。実はある米映画に由来している。隣国のタイでも、軍事政権の流れを受け継ぐ現政権への抗議の場で使われる。民主化を求める若者らが、3本指に込めた思いとは。

 ミャンマーの最大都市ヤンゴンで13日、デモに参加した大学院生エイモアンさん(27)は3本指を立てて、拘束されているアウンサンスーチー氏の解放を訴えた。「独裁への反対を意味すると知って、このポーズを始めました」。朝日新聞助手にこう語った。

 ミャンマーでは全土に抗議の波が広がり、職場を放棄する「不服従運動」に呼応した公務員らも3本指のポーズで主張している。治安維持にあたる警察官も一部でデモに参加。約40人の警察官が「我々は市民の警察官だ」と書いた横断幕を持ち、3本指を立てて行進する動画が拡散した。

 海を隔てた日本でも7日、東京都品川区の在日ミャンマー大使館前に集まった人たちが同じポーズで、ミャンマーの民主主義のために声を上げた。

もともとは米映画に登場したポーズ

 このポーズはもともと、米映…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら