[PR]

 東京五輪・パラリンピックの開催の可否に、世界の注目が集まっています。そんななか、米国のバイデン大統領が今月、「安全に開催できるかどうか科学に基づいて判断されるべきだ」と語りました。最初から開催ありきではなく、科学的に判断して安全な大会を実現するには、どうすればよいのか。国際医療福祉大の和田耕治教授(公衆衛生学)に聞きました。

 ――安全に五輪を開催することは可能なのでしょうか。

 開催そのものは不可能ではありません。ただ、率直に言って、公平に全ての競技を行うというのは難しいでしょう。開催の判断にあたっては、全競技を一律に行うのではなく、「できる競技」と「できない競技」に分けて考える必要があります。その際、重要なポイントは、100%の感染防止ができない中で、「感染者が出た場合に解決できるか」という点です。

 ――解決とは?

 たとえば、テニスやゴルフ、射…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら