東北新幹線運休「受験生に追試を」 大学に官房長官要請

[PR]

 東北地方で13日夜に起きた地震をめぐり、加藤勝信官房長官は15日の記者会見で、東北新幹線の一部区間が運転見合わせとなっていることを受け、移動に支障が生じる大学受験生に追試を実施するように各大学に求めていることを明らかにした。

 加藤氏は「14日に文部科学省から各大学に対し、個別選抜で被災地域の受験生らの受験機会を確保する観点から、追試験の実施などの対応を要請をしている」と説明。「地震により大学受験生の受験機会が奪われるようなことがあってはならない」と強調した。

 また、加藤氏によると、地震に伴う家屋被害の報告は、午前5時半現在で162棟。断水被害は宮城、福島両県で計約2250戸で生じているという。常磐自動車道の土砂崩れについては「土砂撤去作業を進めた結果、巻き込まれた車両はなかったと確認された」とした。