[PR]

 「『自分のことは自分で責任をもって生きていく』と強く言って育ててきた」――。菅義偉首相は15日、衆院予算委員会の集中審議で子育てで大事なことを問われ、こう答弁した。首相の長男が勤める放送関連会社「東北新社」が総務省幹部を接待していた問題で追及を受けているさなか、「自己責任」を強調した形だ。首相はこれまで国会でこの問題について、「(長男とは)完全に別人格。ご理解いただきたい」と述べている。

 立憲民主党の大河原雅子衆院議員の質問に対する答弁。大河原氏は自身に3人の子どもがいると紹介し、子どもを育てる時に大事なことについて「うそをつかない」「人に迷惑をかけない」の2点を挙げた。首相は「その二つは同じ。そして私はあともう一つ、私が子どもに言ってきたのは――」と自ら切り出し、「自己責任」に言及した。