ワカメ刈って祈る豊漁と安全とコロナ終息 関門海峡

有料会員記事

貞松慎二郎
[PR]

 関門海峡の両岸で神職がワカメを刈り、豊漁と航海の安全を祈る神事があった。北九州門司区の和布刈(めかり)神社では神事に先立ち、国の重要無形民俗文化財の豊前神楽が奉納された。長引くコロナ禍で、御利益がありますように――。そんな願いを込めた修験道に通じる迫真の舞いが、見物した人々の心を揺さぶった。

 和布刈神社の「和布刈神事」は北九州市出身の作家、松本清張推理小説「時間の習俗」にも登場する。12日午前2時半、狩衣(かりぎぬ)姿の神職3人が社殿前の石段を下りて波打つ岩場へ。たいまつの明かりを頼りに、海水に足を浸しながら鎌でワカメを刈り取った。

 高瀬泰信宮司は「人類の平和と共存共栄を祈った。コロナ禍の生活が早く平常に戻ってほしい」。

 対岸の山口県下関市では住吉神社の和布刈祭があった。コロナ対策で神社関係者のみで執り行い、鳴瀬道生宮司は「見事なワカメだった。コロナさえ終息すれば、希望に満ちた一年になると感じた」と話した。

 豊前神楽を奉納したのは、福…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら