地震で議場のパネル100枚落下 和歌山市長の説明中

滝沢貴大
【動画】地震で議場の金属製のパネル落下=和歌山市提供
[PR]

 15日午後1時28分ごろ、震度4の地震を観測した和歌山市の市議会議場で、天井の照明に使われていた金属製のパネル(縦約15センチ、横約8センチ)が100枚近く落下した。

 2月定例会に向け、議員による全員協議会が開かれており、尾花正啓市長が説明中だった。議場のモニター映像には、揺れとともに天井からパネルなどが落ち、尾花市長や議員らが驚いた様子で体をかわす様子が映っていた。

 市によると、けが人はいなかったという。会議はこの影響で約1時間半にわたって中断した。(滝沢貴大)