偽アカがうその当選連絡 「サキホコレ」企画、終了へ

野城千穂
[PR]

 秋田米の新品種「サキホコレ」に関連して、秋田県ツイッター上で展開していたキャンペーンが、予定より早い16日に終了する。県の公式アカウントになりすました偽アカウントが現れ、うその「当選」連絡をしたことがわかったためだ。

 キャンペーンは、ツイッターで所定の投稿をしたうえでアンケートに回答した応募者から、抽選で1千人にサキホコレ2合をプレゼントするという内容。県によると、15日朝までに数千件の応募があった。

 抽選に当たると、公式アカウントからダイレクトメッセージ(DM)が届く仕組みだが、偽アカウントはこれを悪用した。キャンペーンが始まった12日、複数の応募者にDMを送り、うその当選連絡をしたという。県は、キャンペーンに便乗した詐欺も懸念されることから、応募締め切りを28日から16日に早めた。

 県は「偽アカウントからのDMは開封せずに削除を」と呼びかけている。公式アカウントの固有のユーザー名は「@AName821」。偽アカウントは「@AName_821」などよく似ているので注意が必要だ。(野城千穂)