「思ったより早い」日経平均3万円 上位9社が押し上げ

有料会員記事

吉田拓史、渡辺淳基、箱谷真司
[PR]

 日経平均株価が15日、30年半ぶりに3万円の大台を回復した。米国の追加経済対策など財政支援策への期待が高まるうえ、企業業績の回復や新型コロナウイルスのワクチン接種などの動きも好感された。ただ、かつて3万円台だったバブル期のような景気の実感は乏しく、実体経済との乖離(かいり)が浮き彫りになっている。

 日経平均の高値を3万円と予測していた証券会社は多い。ただ、その時期は今年後半から年末ごろの見込みだっただけに、ある大手幹部は「思ったより早い」と語る。

 直近の上昇の主因は市場予想を上回る企業業績の回復。SMBC日興証券によると、3月期決算の東証1部上場企業のうち3割以上の467社が、今年度の純利益見通しを年明け以降に上方修正した。昨年4~6月期を底に業績は想定より早く回復しているという。さらに、この日発表の実質国内総生産(GDP)が市場予想を上回った。海外で進むワクチン接種が日本で17日にも始まる見通しとなったことも追い風となった。

 株高は財政支援や金融緩和による下支えの影響が大きいとの声もある。SMBC日興証券の末沢豪謙氏は「企業業績の改善に支えられた業績相場というより、財政や金融政策によって生じた金融相場の側面が強い」と言う。野村証券によると、日米欧の中央銀行は昨年3月から今月までに約900兆円を市場に資金供給。余ったお金が株式市場へ流れ込んだ。

 今の日本株の主な買い手は外国人投資家だ。

 10月まで日本株を売り越し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら