ハローワーク相談員、実は自分も失職危機…国に改善要請

有料会員記事

榊原謙
[PR]

 みずから失職する不安にさいなまれながら他人の職探しの相談に乗るのは仕事にも響くとして、ハローワークの非正規相談員たちが15日、長く働けるように勤務ルールの改善を求める要請書を、ネットを通じて集めた署名2.2万筆を添えて厚生労働省に提出した。自身のポストが「求人」として出るため、雇い止めへの不安から精神に不調をきたす人もいるという。

拡大する写真・図版厚生労働省の担当者に手渡された2.2万人分の署名=2021年2月15日、東京・霞が関、榊原謙撮影

 「公募撤廃の要請書と、2万2千人分の署名です。よろしくお願いいたします」

 この日、現役で求職者らの相…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら