[PR]

 旭川医科大学(北海道旭川市)で、吉田晃敏学長の新型コロナウイルスに関する不適切発言や、学長と医大病院長との対立などの問題が続いたことを受け、学長解任を求める署名活動が学内外で続いている。同大の理事会に解任された古川博之・前院長の復職を求める活動も始まり、問題の波紋が広がっている。

 吉田学長を巡る問題は昨年末以降、報道で次々に表面化。これを受けて今年1月中旬、旭川医大の元助教授、水元俊裕さん(81)ら「吉田晃敏旭川医科大学学長のリコールを求める全国有志の会」が、大学に学長解任を求める活動を開始し、今月15日時点で6760人の署名が寄せられた。会のホームページ(https://president.yoshida-recall.com/別ウインドウで開きます)で請願書をダウンロードして送る形式で、送料は署名した人が負担する。関西や九州を含む全国から署名が届くという。署名サイト「Change.org」に集まった署名も2700人を超えた。

 署名とともに数百通の激励の手紙も届いているという。解任された古川前院長に対する吉田学長の言動について、「完全なパワハラだと強く感じました」「決して許してはいけない発言と行動です」などとメッセージが書かれている。水元さんは「旭川医大で異常なことが起きていると多くの人が憤りを感じている現れ」と話す。

 今月9日には学内からも解任や辞任を求める動きが出た。旭川医大の現職教授や名誉教授ら22人が「旭川医科大学の正常化を求める会」を立ち上げた。発起人は現在24人に増えた。

 同会は、①新型コロナのクラス…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら