NHK職員、傷害の疑いで逮捕 通りがかりの運転手殴る

[PR]

 NHKは15日、タクシー運転手に暴行し、けがをさせたとして、傷害容疑で男性職員が逮捕されたと発表した。

 逮捕されたのは、報道局映像センターの鞘本諒介容疑者(32)=東京都中野区警視庁によると、鞘本容疑者は15日午前2時20分ごろ、東京都新宿区の路上を歩いていた際、通りかかったタクシーの運転手の顔を殴ったり足を蹴ったりし、けがをさせた疑いがある。調べに「酔っ払っていて覚えていない」とし、容疑を否認しているという。

 NHKは「事実関係を確認し、厳正に対処するとともに捜査に協力してまいります」とのコメントを出した。鞘本容疑者はニュース映像の編集を担当しているという。