• アピタル

自宅療養者を診察の医療機関に5万~10万円支給 千葉

新型コロナウイルス

今泉奏
[PR]

 千葉県は15日、自宅やホテルで療養する新型コロナウイルス患者を診察した医療機関に対し、県独自に協力金を支給する制度を始めたと発表した。1件につき平日5万円、夜間・休日10万円を支給する。県庁で報道陣に応じた森田健作知事は「医療機関にはご協力をお願いしたい」と述べた。

 新たな制度では、体調に不安を感じた療養者から保健所に連絡。保健所から、かかりつけ医や近くの医療機関に診察を依頼する。医師は療養場所か、医療機関で診察する。予算は1億2千万円で、2月補正予算案に含まれている。全額を国の交付金で賄う。

 県はまた、ホテル療養者用に酸素吸入器を3施設に5台を配置した。森田知事は「施設で搬送を待つ間に容体が悪くなることもある。助けないといけない」と話した。

 近く始まるワクチン接種については「相当数、効果があると聞いています。一日でも早く接種が受けられるようにしていかなければならない」と言い、自身の接種は「もちろん順番がきたら打ちます」と語った。

 緊急事態宣言解除の時期は、「1日の感染者2桁」「医療提供体制の余裕」を条件に挙げ、具体的には「(1日の感染者)50人以下くらいを考えています」とした。(今泉奏)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]