区立保育園の不適切保育を「心理的虐待」と認定 世田谷

野田枝里子
[PR]

 東京都世田谷区の区立保育園で、保育士が園児の嫌がる不適切な行為を繰り返していた問題で、区は、発覚した行為のすべてが「心理的虐待にあたる」と認定した。区への取材でわかった。

 区が認定した保育士の行為は、昼寝の時間に二つ折りにした敷布団を園児の上半身に落とす▽行動がゆっくりの園児に「まだ終わってなかったのか」と言いながら、頭の上に音がするくらい(の強さで)両手を振り下ろしてあてた▽食事の際、泣いた園児を隣の部屋に1人にした▽泣いていた園児を年齢より下のクラスに連れて行った▽トイレでいたずらをした園児に対し、おむつを使用していないのに「トイレが使えないやつはおむつで寝かせるぞ」と言った▽昼寝の際、視界をふさぐように園児の顔にバスタオルをかぶせた――など9点。

 区が昨年10月、情報提供を受けて調査を開始。当初は園児に外傷がないことなどから「不適切な保育」としていたが、専門家ら外部の有識者でつくる検討会での見解を踏まえ、心理的虐待に当たると判断した。区は、この保育園を含む区立保育園で人権研修を実施。年度内に改善策を取りまとめる予定。(野田枝里子)