WTOトップに女性が初めて就任 ナイジェリア元財務相

有料記事

ロンドン=和気真也
[PR]

 世界貿易機関(WTO)は15日、オンラインで一般理事会を開き、次期事務局長にナイジェリア元財務相のヌゴジ・オコンジョイウェアラ氏(66)を選出した。初の女性トップで、アフリカ出身者が就くのも初めて。組織改革やデジタル貿易の新たなルールづくりに挑む。

 オコンジョイウェアラ氏は、世界銀行のナンバー2を務めた経験もあるエコノミスト。昨年末までワクチン普及に取り組む国際機関「Gaviワクチンアライアンス」の理事長も務め、新型コロナウイルスのワクチンを貧しい国にも公平に分配する取り組み「COVAX(コバックス)ファシリティー」の立ち上げにも尽力した。

 就任は3月1日で、任期は2025年8月末まで。

 WTOトップは、前任のロベ…

この記事は有料記事です。残り195文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!