耳のスキマ時間に 聴く読書「オーディオブック」多様に

有料会員記事

西尾邦明
[PR]

 スマートフォンやパソコンの画面で目を酷使する機会が増えている。そんな時におすすめなのが「オーディオブック」。アナウンサーや声優が本を朗読してスマホや専用端末で再生するもので、「聴く読書」として急速に支持を広げている。

 オーディオブック用の作品を制作・配信する「オトバンク」は、ビジネス書や文芸書、落語など数万点のタイトルを持つ。自社に録音スタジオを構え、書籍の発売から最速3カ月で音声化する。昨年にはニッポン放送や文化放送と提携し、ラジオ番組の配信も充実させた。

 コロナ禍も追い風だ。202…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら