切手着服、7500万円を得た疑い 郵便局元課長を逮捕

[PR]

 勤務先の郵便局から持ち出した大量の切手を金券ショップで換金し、約7500万円を着服したとして、警視庁は16日、芝郵便局(東京都港区)の元会計担当課長、細畑真佐樹容疑者(49)=東京都江戸川区=を業務上横領容疑で逮捕し、発表した。郵便料金として別納で受け取った切手で、本来は局内で処分しなければならないものだった。

 愛宕署によると、細畑容疑者は同郵便局の会計担当課長だった2016年4月上旬ごろ~17年3月下旬ごろまでの間、切手約201万2500枚(額面計約9400万円)について、約100回にわたり金券ショップで売却。計約7500万円を着服した疑いがある。被害額は1億円を超えているとみられ、署が調べている。

 この事件を巡っては、日本郵便が18年3月、東京国税局からの指摘で問題を把握。細畑容疑者を懲戒解雇していた。同社は逮捕について「事実関係を確認中」としている。