「ロミオとジュリエット」再演 挑む星組トップ礼真琴

有料会員記事宝塚歌劇団

杢田光

拡大する写真・図版ロミオ(礼真琴、右)とジュリエット(舞空瞳)は、バルコニーで結婚を約束する=滝沢美穂子撮影

[PR]

 仏ミュージカルを元にした「ロミオとジュリエット」が、宝塚歌劇で8年ぶりによみがえった。ロミオを演じるのは、さらなる高みを目指す星組トップスター礼真琴(れいまこと)。演出家、小池修一郎の語る礼の魅力とは?

初代の「愛」にばってき

 「この作品の成り立ちに、礼の存在は欠かせない」と小池はいう。何しろ2010年の星組初演から、主要な3役をものにしてきたのだから。

 初演時にはダンサーの「愛」という大役にばってきした。フランス版にはないオリジナルの役。舞台中央でスポットライトを浴びてせりあがり、物語の幕開けを象徴する。

 当時はまだ入団2年目。稽古場で礼のダンスを目にし、「こんなに身体能力の高い下級生がいるのか」と驚き、起用を決めた。

8年の時を経て再びロミオに挑む礼の魅力とは? 衣装やフィナーレの見どころも。

拡大する写真・図版永遠の愛を誓うロミオ(礼、左)とジュリエット(舞空)=滝沢美穂子撮影

 若き主人公2人の愛をあたた…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら