退院した高齢者を受け入れた施設に報酬上乗せ 厚労省

新型コロナウイルス

山本恭介
[PR]

 厚生労働省は16日から、新型コロナウイルスの感染後に退院した高齢者を受け入れた施設に対して、1日あたり5千円の介護報酬の加算を認める特例を始めた。症状が改善してほかの人に感染させる恐れがなくなった人を高齢者施設で受け入れてもらい、病床を確保するねらいがある。

 厚労省がこの日、全国の自治体に通知した。老人保健施設特別養護老人ホームなどの施設が対象で、入所後30日間は算定することができる。

 高齢者は新型コロナから回復をしても体力が衰え、退院後すぐに自宅に戻れないことがある。高齢者施設に受け入れてもらえば、病床の逼迫(ひっぱく)度合いの改善につながる。

 厚労省はこれまでも、退院基準を満たせば感染が広がる恐れは極めて低いとしていたが、感染を恐れる施設側が受け入れをためらう例があったという。介護報酬の上乗せで、経営面から受け入れを後押しする考えだ。(山本恭介)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]