「将棋に専念する気持ち強く」 藤井聡太二冠が高校中退

有料会員記事

村瀬信也
[PR]

 日本将棋連盟は16日、藤井聡太二冠(18)=王位・棋聖=が名古屋大学教育学部付属高校(名古屋市)を1月末日で退学したと発表した。藤井二冠は「タイトルを獲得できた事で将棋に専念したい気持ちが強くなりました」とのコメントを出した。

 藤井二冠は2018年、同付属中学から同付属高校に入学し、現在は3年生。将棋の公式戦の多くは東京と大阪の将棋会館で行われる。愛知県瀬戸市在住の藤井二冠は、対局の日だけでなくその前後の日も学校を欠席することがしばしばあった。昨年は二つのタイトルを獲得。昨秋の時点で退学の意思を固め、高校と話し合いを続けていたという。

 棋士は10代でプロ入りすることも多く、将棋に専念するため高校を中退する例が珍しくない。

 藤井二冠のコメントは以下の…

この記事は有料会員記事です。残り118文字有料会員になると続きをお読みいただけます。