怒られ殴られバレー嫌いに 益子直美さんが変えてくれた

有料会員記事

木村健一
[PR]

考えさせて伸ばすには?

 福岡県福津市にある小学生のバレーボールクラブ「福津ジュニア」でコーチを務める北川美陽子さん(52)は、バレー一筋の青春時代を過ごした。

 小学4年生で競技を始め、中学生で同県大会3位に。高校では「春高」と呼ばれる全国大会出場を果たし、実業団でもプレーした。

 「地獄だった」と高校時代を振り返る。

 「監督に怒られないように、ただ言われたことをやるだけ。怖くて、びくびくして……」

 「怒られる」とは、「何十発も殴られる」ということだった。

 コートの半面に独りぼっちで立たされ、打ち込まれるボールを拾い、上げられるボールを延々と追い続ける練習「ワンマン」。

 倒れるまで、やらされた。

 「全国大会に行って当たり前のチーム。春高に出ても、うれしくなかった。試合で負けることが許されない。負けたら、悲惨。夜中まで練習が続いた」

 実業団で選手を引退後、バレーから離れた。

 「自分のためというより、勝つと喜んでくれる親や周りのためにやっていた。大嫌いになって、テレビの試合も見たくなくなった」

未経験者の夫は「ドン引き」

 大嫌いなバレーの世界に戻ったのは2009年、40歳の頃だ。

 会社員の新二さん(50)と結婚し、小学3年の長男と幼稚園の年中の長女がいた。長女は、美陽子さんがかつてバレー選手だったことを知り、「私もやりたい」と言った。

 地元の人たちにも頼まれ、バレー経験のない新二さんと一緒にチームを立ち上げ、指導を始めた。

 初めての練習試合で、ショックを受けた。

 6チームが集まった体育館。

 「至る所で子どもが怒鳴られ、たたかれ、泣いていた。泣きながら試合をしていた。ドン引きした」と新二さん。

 私たちの時代から何も変わってないな、と美陽子さんは感じた。

 しかしやがて、自分たちも染まっていった。

 新二さんは振り返る。「大会に出て勝つことが楽しかった。親や僕らが勝ちたくて、それが目標になっていた。新参者だったから『バカにされたくない』という思いもあったかもしれない。練習で強いボールを打って、怒鳴って」

 年間で50もの大会に出場し、優勝や入賞を重ねた。卒業時、子どもたちにトロフィーや賞状を贈るのが誇りだった。

 ところが、勝てるようになるにつれ、30人以上いた部員は徐々に減っていった。

 美陽子さんは「今思えば、子どもたちに無理をさせて、プレッシャーをかけていた。勝ちたい、勝ちたいとなって、それしか見ていなかった」と悔やむ。

されて嫌だったこと、してしまった

 体罰を科したわけではない。ただ、練習で子どもたちを怒ること、厳しく指導することは日常になっていた。

 自分がされて、嫌だったことを、自分がしてしまっていたのだった。

 「やりたかったバレーじゃない、と気づいた。上を目指したいがために、はまっていた。結果を出さなくてはいけないというプレッシャーもあって」

 「心も体もボロボロになった」という美陽子さんは、新二さんに言った。

 「休みたい」

 どんな風にバレーを教えれば、子どもたちは帰ってきてくれるのか。

 思い悩んでいた時、ある人が、折れた心を「リセット」させてくれた。

 元女子日本代表の益子直美さん(54)だ。

子どもの頃にぶたれ、やはり「バレーが嫌いになった」という益子さん。「怒らない大会」を開くことを提案します。美陽子さんはどう変わっていくのでしょうか。

 益子さんのバレー人生は、レ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら