米軍基地「全国の50%以下に」 沖縄県が初の数値目標

有料会員記事

国吉美香
[PR]

 沖縄県玉城デニー知事は16日の県議会で、来年本土復帰50年を迎えるにあたり、沖縄に約70%が集中する在日米軍の専用施設について「当面50%以下を目指す」と述べた。数値目標を掲げて日米両政府に基地の整理縮小を求めていく考えを示したものだ。基地の整理縮小について、沖縄県が数値目標を設定するのは初めて。

 定例会初日の所信表明で言及した。

 玉城知事は、復帰50年の大きな節目を来年に控えた現在も、国土面積の約0・6%に70・3%の米軍専用施設が集中し、騒音や環境問題、事件・事故など問題が後を絶たないと指摘。「日米安全保障体制の必要性を理解する立場だが、沖縄の基地負担の状況は異常」と語った。

 日米が現在合意している返還…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら