[PR]

 トヨタ自動車は16日、国内の完成車工場9カ所の計14ラインを17日から最大4日間、稼働停止すると発表した。13日夜に発生した福島県沖を震源とする地震で、取引先の部品メーカーが被災した影響という。

 稼働停止するのは、スポーツ用多目的車(SUV)「C―HR」などを生産するトヨタ自動車東日本の岩手工場(岩手県金ケ崎町)のほか、愛知県内の高岡(豊田市)、田原(田原市)など5工場や、福岡県内のトヨタ自動車九州宮田工場(宮若市)、日野自動車の羽村工場(東京都羽村市)など計9工場。宮田工場は最大2日間の停止だが、ほかの工場は3~4日間止める。停止する計14ラインは、トヨタの国内全28ラインの半数にあたる。

 13日の地震で取引先メーカーが被災し、部品の供給が停滞しているという。トヨタは、半導体ではないとしている。影響を受ける生産台数は明らかにしていない。週明け22日以降に稼働を再開するかは検討中で、停止が長引く可能性もある。(千葉卓朗、三浦惇平)