コロナワクチンの「筋肉注射」は痛いのか 打った人は?

有料会員記事

野口憲太、三上元
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン接種が17日、日本でも始まった。最初に承認されたファイザー製を始め、接種が見込まれるワクチン3種類は日本でなじみが薄い「筋肉注射」だ。どのようなものなのか。

拡大する写真・図版筋肉注射でのワクチン接種のデモンストレーション。実際には、腕まくりをするなどして肌を露出させ、肩に近い上腕部に注射する=2021年1月、川崎市

 1月末に川崎市であった接種訓練でのデモンストレーションでは、看護師が参加者の肩に近い部分の上腕を片手で押さえ、そこに針が垂直に刺さるように注射器を構えていた。

 接種する部分の筋肉の層にまで針を刺してワクチンを打つのが「筋肉注射」と呼ばれる接種方法だ。

 筋肉まで達するよう、針を接…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら