[PR]

 山梨県警は東京海上日動火災保険との間で、地域の安全・安心に関する包括連携協定を結んだ。災害時の対策、交通安全、サイバーセキュリティー対策など6項目で連携に取り組む。同社が警察と包括的な連携協定を結ぶのは初めてという。

 9日、県警本部であった締結式で大窪雅彦・本部長は「県民の安全で安心な暮らしを守るために連携していただけるのは大変心強い」、同社の川口裕司・山梨支店長は「県警と連携を密にして総力をあげて取り組んでいく」とあいさつした。

 災害時に人工衛星画像を活用した保険金支払いをする同社が、人工衛星画像を県警に提供して被害状況の迅速な把握に役立てたり、同社が県内の代理店の顧客に交通安全講習を実施したりすることなどを想定している。(玉木祥子)

関連ニュース