ワクチン接種事務、旅行会社が受託 予約ノウハウ生かす

有料会員記事新型コロナウイルス

高橋尚之
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン接種の事務を、大手旅行会社が請け負う動きが広がっている。膨大な仕事が見込まれており、予約管理や接客のノウハウを生かし、接種がスムーズに進むよう市区町村を支える。

 大手の日本旅行は西日本を中心に、数十の自治体から業務を受託した。コールセンターの運営や、予約システムの構築・管理などを担う。広報担当者は「本業の仕事が減り、社員には余力がある。早く安全な世の中になるよう接種に貢献したい」と話す。

 「近畿日本ツーリスト」を展開するKNT―CTホールディングスにも、多くの自治体から引き合いが届いている。同社は大型会場を使った研修旅行や展示会で培った運営実績を生かし、集団接種の会場運営などにあたる。最大手のJTBも、東京都世田谷区など複数の自治体から業務を受託した。

 旅行会社はコロナの影響で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]