小中学校の新入生へ、1人10万円支給 天童市が予算案

三宅範和
[PR]

 山形県天童市は16日、前年度当初比0・6%減となる261億3千万円の新年度一般会計当初予算案を発表した。山本信治市長は記者会見で「子育て支援策に力を入れた。コロナ対策については、国や県の施策の状況を見ながら補正予算で機動的に対応したい」と話した。26日開会の市議会定例会に提案する。

 山本市長が目玉に掲げたのが、今春、小中学校に入学する子どもがいる家庭に、子ども1人につき10万円を支給する「エール天(10)支給事業」。天童の「天」と支給額の「10(テン)」をかけたといい、対象を1150人と見込み、1億1970万円を計上した。

 「将棋駒の生産量日本一」を誇る天童市は、将棋をテーマにした人気漫画「3月のライオン」とこれまでもコラボしてきた。新規事業として、同作のアニメ版に出演する声優・花澤香菜さんをナレーターに起用した観光PR動画の制作に739万円を充てる。(三宅範和)