コロナワクチン、16歳未満への接種「今後検討も」

[PR]

 17日から国内で始まった新型コロナウイルスワクチンの接種対象について、小鑓(こやり)隆史・厚生労働政務官は「接種の時点で16歳以上の方を対象とすることにしているが、今後必要なデータが整ってくれば、安全性有効性の評価を改めて行って、検討することもありうる」と述べた。

 自民党の田畑裕明氏への答弁。また、妊婦の接種について小鑓氏は「妊娠中の方のデータが少ないため、接種の機会は提供する一方、より慎重に接種は判断していただく必要があるということで(接種を受けることに努めなければならない)努力義務にかかる規定を適用しない」と述べ、主治医などと相談して判断するよう改めて呼びかけた。