[PR]

 17日午前の衆院予算委員会集中審議で、立憲民主党の長妻昭氏は「ワクチン接種に関しては自分が全責任を負うんだという覚悟はおありか」と、菅義偉首相に問うた。これに対し首相は「内閣総理大臣に就任してから、最大の課題はコロナの感染拡大を阻止することだった。全責任は内閣総理大臣たる自分にあるという思いの中で取り組んできた」と応じた。

 長妻氏はワクチンの接種開始が欧米に比べてなぜ遅れたのか、首相の口から説明するように求めた。首相は「私自身も早くならないか、何回となく厚労省や関係者と打ち合わせをした」と明かしたうえで、「我が国は欧米諸国と比較して感染者数が1桁以上少なく、治験の発症者数が集まらず、結果が出るまでかなりの時間を要する」「ワクチン(への反応)は人種差が想定される。欧米諸国の治験データのみで判断するのではなく、日本人を対象にした一定の治験を行う必要がある」と説明した。