森会長の後任「秘密、秘密で今日内定?」 質問に首相は

[PR]

 女性蔑視発言で辞任を表明した東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長の後任候補を選ぶ検討委員会について、17日午前の衆院予算委員会集中審議で取り上げられた。立憲民主党長妻昭氏は「選考委員会は非公開で、メンバーも場所も時間も公表しない。秘密、秘密で、今日内定するんですか? すぐ決まっちゃうんですか? この選考プロセス、透明性あると思いますか」と質問した。

 菅義偉首相は「次の方が理事会を開かないであたかも決まったような報道がどんどん流れたので、オープンな形で手続きをとって決めて欲しいと強く申し上げた」としたうえで、「また口を出すべきことではない。組織委員会の中でしっかり決められるんだろう」と述べるにとどめた。

 長妻氏は「今の形は『透明』の許容範囲に入っているという理解か」と重ねて問うたが、菅氏は「どこで開催だとか、それについてどうすべきだとか、さすがに私の立場で申し上げることではない。組織委員会がルールに基づいて透明な形で決定してくれると考えている」と語った。